永住許可申請:埼玉県、特にさいたま市、川越市、上尾市、東松山市、坂戸市、鴻巣市、行田市、熊谷市、、桶川市、北本市、深谷市、鶴ヶ島市、川島町、吉見町、滑川町、嵐山町、小川町、加須市、ときがわ町、鳩山町での永住許可申請を低料金で提供します。

入国管理:埼玉県
 出張相談 相互リンク募集中
行政書士行政書士
会社設立
 会社設立+融資申請
 人材派遣会社の設立
建設業許可
 建設業許可と社会保険
 事業年度終了報告
 解体工事業許可
 入札参加資格
経営事項審査
産業廃棄物収集運搬業
宅建業免許
貨物運送事業許可
出入国について
 永住許可申請
 投資経営ビザ
農地転用
開発許可
車庫証明
軽自動車の車庫証明
自動車新規登録
出張封印
風俗営業
深夜酒類提供飲食店
飲食店営業許可
古物商
動物取扱業登録
社会保険労務士
FP事務所
相続
対応エリア
埼玉県全域:さいたま市、川越市、上尾市、東松山市、坂戸市、鴻巣市、行田市、熊谷市、、桶川市、北本市、深谷市、鶴ヶ島市、川島町、吉見町、滑川町、嵐山町、小川町、加須市、ときがわ町、鳩山町 
永住許可申請

      申請代行料 78,000円の低料金で
        (着手金30,000円)

  埼玉県内、さいたま市、川越市、上尾市、東松山市、鴻巣市、熊谷市、行田市、北本市、桶川市、吉見町及びその近隣の方で、 永住許可申請などをお考えなら、是非ともセトナ綜合事務所へご依頼下さい。



永住許可 永住許可とは?

 永住許可とは、既に在留資格を有する外国人が永住者の在留資格への変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可を言います。永住許可を得ることで下表のメリットがあります。帰化(日本国籍取得)及び定住の場合と比較しました。

 永住者と定住者のメリットほぼ同じですが、永住者の場合には在留期間が無期限となるのが定住者とは異なります。その他、定住者と異なり、永住者の場合には住宅ローンが組みやすいということも挙げられます。
 金融機関が外国人の住宅ローンに関して、永住許可を前提とする場合があるからです。
 ただし、永住者となっても外国籍であることは変わりがなく、一時的に出国する際の再入国許可手続や外国人登録は必要となります。

永住者
定住者
帰化
国籍
外国籍のまま
日本国籍
在留期間
無期限
5年、3年、1年
無期限
就労活動の
制限
なし
再入国許可
必要
不要
退去強制
対象となる
対象と
ならない
外国人登録
必要
不要
参政権
なし
あり
日本人
パスポート
取得不可能
取得可能

 外国人が日本人になろうとするときに必要なのが帰化申請でしたが、外国人が外国人のまま日本に永住することができるようにするときに必要な手続きが永住許可です。

 外国人は日本に在留しようとする場合在留許可が必要ですが、他の在留資格から永住の在留資格に変更しようとする場合に、この永住許可が必要となります。

 

永住許可 永住許可の申請手続きは

 お問い合わせは、電話かメール

 ○ 申請人とは,日本での永住を希望している外国人の方のことです。
 ○ 配偶者とは,上記申請人と結婚している日本人又は「永住者」の方のことです。
 ○ 日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを提出してください。

1 永住許可申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 身分関係を証明する次のいずれかの資料
 (1) 申請人の方が日本人の配偶者である場合
     配偶者の方の戸籍謄本 1通
 (2) 申請人の方が日本人の子である場合
     日本人親の戸籍謄本 1通
 (3) 申請人の方が永住者の配偶者である場合
    a 配偶者との婚姻証明書 1通
    b 上記aに準ずる文書(申請人と配偶者の方との身分関係を証するもの) 適宜

4 申請人を含む家族全員(世帯)の住民票 適宜

5 申請人又は申請人を扶養する方の職業を証明する次のいずれかの資料
  (1) 会社等に勤務している場合
      在職証明書 1通
  (2) 自営業等である場合
     a 確定申告書控えの写し 1通
     b 営業許可書の写し(ある場合) 1通
6 直近(過去1年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び納税状況を証明する資料

7 パスポート 提示

8 在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示

9 身元保証に関する資料
(1) 身元保証書 1通

(2) 身元保証人の印鑑

10 身分を証する文書等 提示 入国管理局には管轄があり、在留中の外国人の方であれば、住所地を管轄している入国管理局の本局・支局・出張所が申請書の提出先となります。

 


永住許可そろそろ私も永住許可申請できるかな?

永住許可申請取次サービス
 お持ちの在留資格の種類によって年数が異なりますが、日本に来てから一定年数が経過したら永住の申請ができます。もちろん在留年数以外にもいくつかの条件があるのですが、それらを全て満たしている方はいよいよ永住申請ですね。
 永住が許可された後は、在留期間の更新もないですし、転職や起業したり、結婚や離婚をしても入管の審査を受ける必要がなくなります。
 さて、入管での最後の申請になります。気を引き締めてしっかり準備いたしましょう。


FP・社会保険労務士・行政書士のセトナ綜合事務所
〒355-0104 埼玉県比企郡吉見町地頭方275 
電話: 0493-54-4148 /FAX: 0493-59-8553

埼玉県全域:さいたま市、川越市、上尾市、東松山市、坂戸市、鴻巣市、行田市、熊谷市、、桶川市、北本市、深谷市、鶴ヶ島市、川島町、吉見町、
滑川町、嵐山町、小川町、加須市、ときがわ町、鳩山町
のエリアで社労士、行政書士、FPをお探しならセトナ綜合事務所へ、当所は埼玉県のほぼ中央に位置しております