人工透析、障害年金: 障害年金のことなら、経験豊富な社会保険労務士へ;傷害厚生年金、障害基礎年金のトラブルは坂戸市、行田市、熊谷市、深谷市、羽生市、鶴ヶ島市、加須市、蓮田市、白岡市、飯能市、日高市で活動している社労士へ。

社会保険労務士事務所社会保険労務士
年金相談は、社会保険労務士へ年金相談
 国民年金
 厚生年金保険
 遺族年金
障害年金は経験補豊富な社労士へ障害年金
 うつ病と障害年金
 人工透析と障害年金
 障害年金の金額
 障害年金(詳細)
 障害基礎年金
 障害厚生年金
就業規則:低料金の社会保険労務士就業規則
助成金は、セトナ社会保険労務士へ助成金の申請
顧問契約は、丁寧な社会保険労務士へ顧問契約
給与計算は、信頼のある社労士へ給与計算
社会保険
労働保険
建設業許可と社会保険
労働者派遣業許可
行政書士
FP
相続
遺言書

お問い合せは下記から

   

または、電話で・・
TEL 0493-54-4148

CFP、特定社会保険労務士、行政書士の 
セトナ社労士事務所


・安心の料金体系

確定した年金額の14%

・迅速な対応

 
自宅まで何度でもお伺いし、納得のいく申請をお約束します。

対応エリア
坂戸市、行田市、熊谷市、深谷市、羽生市、鶴ヶ島市、加須市、蓮田市、白岡市、飯能市、日高市 など

人工透析と障害年金、埼玉県
人工透析と障害年金     


人工透析の留意点 人工透析の留意点
 糖尿病により腎不全となり人工透析を行うこととなった方が特に注意しなければならないのは初診日です。
 障害年金は、腎疾患と糖尿病は相当因果関係があると考えており、腎臓の異常を指摘される前に糖尿病で医師の診断を受けた場合は、糖尿病の初診日を腎臓疾患における初診日としています。
 こ
の糖尿病の初診日に加入していた年金制度によって、厚生年金か、国民年金か、あるいは共済年金なのかが決まりますから、手続きはそこからがをスタートとなります。

 糖尿病による腎不全の場合、初診日が特定できるかどうかがが、とても大きな問題です。初診日が5年以上前にあると当時の病院等にその記録がない場合がありますが、そのときは客観的資料によって証明していくなど他の方法がありますので、すぐにあきらめないことが大切です。

人工透析と障害年金 人工透析と障害等級

 透析患者の場合、事実が歴然としているので、障害年金の等級については、通常2級程度になるものと思われます。身障者1級の永久認定で、これは腎臓移植をしたとしてもあまり変わりません。
 障害年金の等級はまた別で、原則的には2級です。検査や生活状況によっては、1級になることもります。

 国民年金加入者で障害年金3級だと障害年金はもらえませんが、透析患者は通常2級の認定となります。
 働いていることで3級になってしまうのではないか、と心配する人もいますが、働いている人の場合でも、腎臓が機能しなくて透析をしなくては生きていけない、という現実は変わらないのです。透析患者はほかの障害者よりも見た目に元気に見えることがありますが、週何回かの透析をしないと生きていけないのです。堂々と障害年金の申請をしましょう。

 また、平成14年までは透析患者は3級とされていたらしいので、3級認定のかたは、再申請して2級にしてもらうとよいです。さらに、合併症があるかたは、1級になることもあるので、病状によっては再申請してみてはいかがでしょうか

障害年金と人工透析 障害年金の申請は、経験豊富な当事務所へ

 人工透析で仕事を辞めてしまった。新たに仕事を見つけても、仕事が続けられない。収入もないといった方が増えています。
 人工透析で仕事が困難な方、仕事は会社の好意で続けさせて貰っている方、とりあえず傷害年金の申請をしてみませんか。
 障害等級で3級となってしまった方も、人工透析の場合、2級に認められる可能性が高いので再度申請をしてみませんか。

 埼玉県及びその近隣の方で、障害年金の申請などで社会保険労務士をお捜しなら、経験豊富なセトナ社労士事務所へ御依頼下さい


人工透析の認定基準 認定基準

腎疾患による障害については、次のとおりです。
 
令別表
障害の程度
障害の状態
国年令別表
1級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
 
2級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
厚年令別表第1
3級
身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの
 
 腎疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療及び病状の経過、人工透析療法の実施状況、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当すものとされます。

 
傷害年金、埼玉県安心の料金体系(他の事務所と料金を比べてください。)
 
   年金額として確定した額の14%(うち着手金2万5千円)
   年金が過去にさかのぼって支給された場合、その額の
7%


 当事務所では、障害年金の裁定請求等の代理事務について、障害年金として確定した額の14%を手数料としていただいております。なお、着手金として2万5千円を依頼時に振込等をしていただきます。なお、着手金は14%の手数料額に含まれます



人工透析以外の障害年金については、下記をクリックしてください。

うつ病と障害年金障害年金トップ

うつ病と障害年金うつ病と障害年金

障害年金制度障害年金制度

障害年金の金額障害年金の金額
 
障害年金障害年金の相談は、とにかく専門家へ・・・

 障害年金の請求は非常に複雑です。人工透析を受けているのなら、至急当事務所に御相談ください。
 
 ちょっとしたことを知らないために、数十万円、時には数百万円の損をしてしまうことがあります。


 
社会保険労務士でも複雑な年金については、得手、不得手があり年金に関して信頼の置ける社会保険労務士は、なかなか見つからないのが現状です
 
 
セトナ社会保険労務士事務所は、埼玉県での障害年金などを中心に活動しています

 電話・メールでの初回ご相談は無料です。
 行政書士には法律により守秘義務も課されておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

 
セトナ社会保険労務士事務所
FP・社会保険労務士・行政書士のセトナ綜合事務所
〒355-0104 埼玉県比企郡吉見町地頭方275 
電話: 0493-54-4148 /FAX: 0493-59-8553
坂戸市、行田市、熊谷市、深谷市、羽生市、鶴ヶ島市、加須市、蓮田市、白岡市、飯能市、日高市
のエリアで社労士、行政書士、FPをお探しならセトナ綜合事務所へ、当所は埼玉県のほぼ中央に位置しております